まずは、日本一周。



 突然だが、私はこの夏(2006年)に「日本一周」に行くことにした。
…私、朝森久弥の野望の一つに、「世界の全ての国の地を踏む。」というのがある。 なぜそんな野望なのか?それは、その野望こそがCURIOSIST精神の最たる発露であると信じているからだ。 分かりやすく言うと、「この世のあらゆることを知り尽くしたい。それなら世界の全部の国に行かないと。」ということである。 そしてこの野望を果たすために、一度は「世界一周」をやってみたいと思っている。

 多分世界一周をするなら、一番時間のある大学生の間になるだろう。けれどもそれは1年休学して行くようなものではない。 まあ、親のすねかじって大学に通い、しかも毎月5万の奨学金も借りている身としては、なるたけ迷惑をかけない上での自由の行使をしたいという考えだ。 なので行くとすれば、夏休みか春休みに、2ヶ月くらいかけて行くことになるだろう。

 世界一周の話は今回の本筋ではないのでこれくらいにしておく。では「なぜ日本一周?」かというと、ズバリ、「世界一周の予行演習」のためである。 大体、世界随一の治安を誇る日本を一周出来ない人が、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な世界を一周出来るはずがない。 それに、日本もロクに知らないのに、世界を見に行っても、得られるものは少ない。過去の2度の海外渡航の経験から言って、他の国の何たるかを理解するときというのは、少なからず、日本の事情と比較するものだ。 このことは、「『自分の国のことが理解できていないと、他の国のことは理解できない。』と言うフレーズは、留学や海外派遣などでは使い古されたフレーズである」、と言い換えても良い。

 そういうわけでとにかく、私は日本一周に挑戦することにした。では実際どのように一周するか。 そこで私は次のようなルールを定めた。
「電車と自分の足を頼りに、沖縄県を除く全ての都道府県に足を踏み入れる。」
…私にはまだ、飛行機や船に乗るだけのお金がない。ゆえに沖縄県に行けないのは仕方ない。(沖縄県民の皆さん、ごめんなさい。) それ以上に重要なのが、全ての都道府県に「足を踏み入れる」ことである。私はこれを、「駅の改札を通って外に出る」ことと定義するので、単なる日本一周よりも手間がかかることは間違いない。 今の私の試算では、「青春18切符」を4冊買って周れば、十分前述のルールを満たすことができる。旅全体の予算は8万円といったところか。

 きっとこのようなルールで日本一周をする人はきわめて稀なのだろう(もしいたら教えて頂きたい)。けれどもそれはそれでユニークな日本一周になるのだろうし、 やはり、日本の全ての都道府県を巡る事に大きな意味があると思うので、ひとつこれでやってみようと思う。

 以上、日本一周を告知したからには、随時この旅に関する情報を発信していこうと思う。 とは言え、日本一周している約1ヶ月間は、更新が鈍くなることをご了承頂きたい。

 別に「自分探しの旅」だなんて考えていないので、特に何か得られるわけではないだろう。損得勘定で言ったら、得になるとは夢にも思わない。
しかし、登山家はこう言うのだ、「山に登るのは、そこに山があるからだ」と。
そして私はこう言うのだ、「旅をするのは、そこに私が知らない世界があるからだ」と。

トップへ